当社は人財育成を会社方針に掲げており、
社員の成長が企業の発展に結びつくという考えの基、職種やレベルに合わせて様々な研修や教育をおこなっています。

新入社員

【新入社員集合教育】
入社してすぐに実施する教育です。ビジネスマナー、会社の沿革や就業規則、コンプライアンス、自動車産業の現状など、基礎的な内容を一週間程度学びます。

【新入社員研修】
営業職として採用された方は集合教育が終わると、その後約3ヶ月間、営業職としての必要な知識やスキルを学びます。座学だけではなく、実際に店舗でのお客様対応など、実践的なカリキュラムが多くあり、肌身で感じ取れるようになっています。営業職として店舗に配属されるのは7月からです。サービスとして採用された方は、集合教育が終わると、サービス本部でサービスマンとしての基礎的知識やスキルの向上を目的に1週間程度研修がおこなわれ、その後配属となります。

【ブラザー・シスター制度】
配属後3ヶ月間、一人の新入社員に対して一人の先輩社員が、ブラザーまたはシスターとして、いろんな事を教えてくれます。仕事や社内での分からない事など、自分の兄弟・姉妹に相談するように気軽に相談できる仕組みを作っています。

【新入社員フォローミーティング】
入社年度に3回程度おこなわれます。同期が集まって意見交換を行なう事が主な目的です。そうする事で環境の変化や仕事に対する疑問、不安や悩みなどの解消につなげています。


【新入社員サービス研修】
サービスの新入社員には、その他にも3回程度フォロー研修が行なわれます。日産資格試験対策やEV知識の習得などを目的として実施しています。


営業職

【配転者C/A基礎研修】
サービス職や事務職の方がカーライフアドバイザーに職種変更になった場合の研修です。営業職としての基本的知識の習得を目的に、1週間程度行なわれます。

【査定研修】
中古車を査定するには査定士資格が必要です。取得や更新に向けて実施する研修です。


【月5会】
月間5台の販売を目指す若手C/A対象の育成塾です。希望すれば誰でも会員になることができます。講師はトップガンと呼ばれる会社のトップセールス達。2ヵ月に1回のペースで行われ、トップセールスの皆さんの講演を聞いたり、営業活動に対するアドバイスを受けることができます。毎回設定されている懇親会では、普段はなかなか交流する機会の無い、他店舗の同世代の仲間達やトップセールスの先輩達と親睦を深めています。


【トップガンミーティング】
トップセールスを集めたミーティングです。会社の取り組みの策定や提案、検証や意見交換など、トップセールスが持つ知識やノウハウを会社の取り組みに活かしていく為の制度です。


【営女会】
昨今、女性ならではの細やかな気配りやおもてなしがとても重要になってきています。ここでは女性営業職の皆さんが集まり、好事例や日頃の悩みの共有して解決に向けて話し合います。また店頭対応をシミュレーションしたロールプレイングなども行われ、お客さま対応力の向上に取り組みます。



サービス

【EV点検整備研修会】
リーフなど電気自動車の点検整備に関して、一定のレベルを身につけるための研修です。定期点検整備実習・器具保護取り扱いや、記録簿記載方法などを身に付けていただきます。


【サービス日産資格取得勉強会】
各級の取得試験に向けて、年2回受験対象者を全員本社に集めて勉強会を実施します。上級試験ともなると何日間も実施して万全を期します。


【技術連絡会】
新新型車や新技術が導入された時、あるいはメーカーからのさまざまな情報について共有のためにおこなう研修会です。

その他

【遣唐使制度】
唐の時代に、先進的な技術や仏教の経典などの収集を目的に派遣された遣唐使制度を真似て、他店舗や他部署への短期的な異動を希望することができます。関連会社や保険会社への短期的な移籍も受け付けています。他部署の良いところを吸収して自部署に持ち帰ったり、人脈を拡げたりすることができます。

【次世代マネージャー育成講座】
次のマネージャー候補となる現リーダー職を対象に、マネージャーの役割や職務などの習得と、次のマネージャー候補としての意識付けなども目的に年2回開催します。

【女性スタッフミーティング】
店舗の全女性事務スタッフが本社に一同に会し、意見交換を実施します。各店舗における悩みや疑問、本社への要望・提案、自店舗での取り組みの共有などを行い、女性ならではの目線での提案や改善に取り組みます。
 

メーカー研修

日産自動車が主催する研修や講座にも積極的に参加しています。役割・職種・経験などにより会社が人選します。横浜にある研修センター日産ビジネスカレッジ(NBC)、あるいは講師を呼んでの本社や店舗での開催などがあります。 もっと詳しくは、会社説明会等で確認してください。
▲topに戻る